お知らせ

「ねこでらの和尚さん」でおなじみ!

今日は元曹洞宗管長・御誕生寺ご住職 板橋興宗禅師の、「心配しなさんな。悩みはいつか 消えるもの」

からの猫に学ぶ生き方をご紹介いたします。(掲載に関しては、事前に電話にて許可を頂いております。)

日置市の法智山妙円寺にもたくさん猫がいますし、鹿児島市唐湊の慈愛の丘とそ動物霊園にもゴン太くんやミーコちゃんがいます。(にゃんこ続々紹介予定)

 

 猫は悩まない。

いま、御誕生寺には三十匹ほどの猫がいます。元来猫好きで、どこからともなくやってきた捨て猫や迷い猫に餌をあげたりしているうちに、いつのまにか数が増えました。いまでは「猫寺」と呼ばれるようになり、休日ともなれば、おおぜいの方がたずねてこられます。

もちろん、人気なのは、住職の私ではなく猫たちです。ただダラーンと寝ているだけで「かわいい」などと褒められるのですから、いい気なもの。お客さまがきたからといって、よそゆきの態度をするでもなし。いつものようにのんびり勝手気ままにやっているようです。

そんな猫たちを見て、「いいなぁ、悩みがなくて」とうらやましく思われている方もいらっしゃるのではないですか。まことにその通り、猫は悩まないのです。生きとし生けるものもののなかで人間だけが複雑な「言葉」を覚えました。

言葉を覚えたから、考えるという脳の働きが生まれ「あーでもない、こーでもない」と悩むクセがついてしまったのです。猫には言葉はありません。ニャァとは鳴きますが、それは「エサをくれ」「外に出してくれ」などのただの合図にすぎません。あるいは、猫同士だけに通じる、何かの情報交換のシグナルかもしれません。言葉がないから、風にチリリンと揺れる風鈴のごとし、ただその場その場の身体感覚ののままに生きているのです。

夏の暑い日は、ヒンヤリした廊下にペタンとのびているし、寒くなればまだ暖かい車のボンネットの上に、ちゃっかり丸まっています。座布団をくわえてきて、その上に寝るような賢さはありません。そこまで知恵を回して安楽を求めなくても、すでに足りているからです。

「山川草木悉皆成仏」(さんせんそうもくしっかいじょうぶつ)という言葉があります。自然万物に八百万の神が宿ると考える日本人は山や川のような大地や、草や木のような植物もまた“仏の化身”だととらえています。生まれながらに「足るを知る」猫もまた、仏さんのようなものではないでしょうか。

お釈迦様や道元禅師は厳しい修行の末に「ありのままでいいのだ」と気づかれました。その日そのとき「いま」を生きる。いま見えていること、聞こえていること、感じていること。それがすべてだと悟ったのです。

修行もしていないのに猫はいまを生きています。「あのときエサを残すんじなかった」などと、過去を悔やみません。「明日の食べ物があるかなぁ」などと、未来を憂いません。言葉のない彼らには、昨日や今日、明日などの時間の概念もないからです。

猫たちを見ているとつくづく思います。「山川草木すべてを見渡しても、ぐだぐだと悩んでいるのは人間だけだなぁ」と。

さて、いま、私の寺でいちばん古いのは、レオという名の猫です。レオは他の猫たちに比べて、一匹で行動するタイプ。早朝の読経のとき、本堂の扉を開けておくと、決まってレオだけが入ってきて、まっしぐらに私のところへかけ寄ってきます。よっぽど読経の響きが好きなのか、そのままひざに乗って離れないのです。

頭をぐりぐりこすりつけて法衣に目ヤニをひっつけることもこともあれば、ひざにいるのに飽きて、肩までよじのぼってくることもあります。何をされても読経を続けるのは、なかなかの難儀です。

「よし、よし。よっぽど私のことが好きらしい」あとで頭をなでてあげようと思うのですが、レオはつれなくスッと本堂から出ていってしまいます。境内で見かけたときも、抱きかかえようとすればニャオンと逃げ去ってしまいます。読経中はあんなに甘えてきたのが、うそのようです。

レオは、ただその瞬間、瞬間を、自由に心のままに生きているのです。人間のように、誰かに「好かれよう」「かわいがってもらったほうが得」などという思惑や計算はまったくありません。

レオもまた「いま」を生きる「ほとけ」さんなのです。

 

 

(※画像は御誕生寺様の猫ではなく、妙圓寺の猫です。板橋禅師、有り難いお話をありがとうございます。)日々の暮らしの中でペットと呼ばれる命たちから教えられることが多いですね。これからも慈愛の丘とそ動物霊園は全国1万5000カ寺を有に超える曹洞宗・法智山妙円寺付属の動物霊園としてご遺族の心に寄り添い和顔愛語の精神で精進してまいります。

 

 慈愛の丘 とそ動物霊園

   代表 伊藤憲秀

皆様お盆でやんす。

鹿児島市唐湊にある唐湊霊廟納骨堂・慈愛の丘とそ動物霊園では昨日8月13日から迎え火のお墓参りで駐車場は満杯。上の画像の通り溢れんばかりの生花がたむけられました。

人もそうですが、ペットちゃんたちも大好きな御家族の元へ帰り、喜んで過ごしているでしょう。

そして本日はお別れもたくさんございました。帰省した御家族に看取られて、安心して旅立ったのでしょうか。

謹んでお悔やみ申し上げます。合掌

さて話は変わりますが、私は小さい頃より「お盆は肉食(殺生をするな)」と育てられました。今でも日本各地で根強く残っている風習なのですが、仏教思想と深く関係しているもので、あの世から帰ってきたご先祖様の前で殺生はタブーと言うことらしいんです。

 

ご先祖様は仏界に暮らす仏様なのですから。故にかた菓子や果物を仏前に御供えするのでしょう。しかし亡くなったご先祖さまやペットちゃんが間違って餓鬼道や地獄に落ちないように注視する必要があるようです。それがお施餓鬼法要なのですね。曹洞宗には様々な経典があります。デパートのように(笑)ペットちゃんを供養するのに必須の「甘露門」という最強のお経シャワーがあります。慈愛の丘とそ動物霊園では毎年の8月9日に午前・午後の2回厳修致しております。

 

さてお盆の肉食に関しては、私も若い頃はいろいろ不満もありましたが年を重ねてお盆は殺生をしないようになりました。たまには人間に食べられてしまった動物たちのことに思いを馳せるのもいいかなと思うようになりました。

「草花や野菜だって立派な生き物じゃないか」

とツッコミどころはありますが(笑)

例えば曹洞宗大本山、道元禅師の開いた福井県の永平寺や石原裕次郎さん他角界著名人の眠る横浜鶴見の総持寺の修行僧は厳しい戒律の中で暮らしており、一切の肉食をしません。

何年もこのような食事が続くというのはもの凄く大変な事ですよね。

 

それではお盆限定の私エセ・ヴィーガン(菜食主義者)の食事。

8月13日のメニュー・コンビニで買ったざる蕎麦と梅のおにぎり。

8月14日のメニュー・呉汁(鹿児島の伝統料理)・こんにゃくと海藻刺し身もどき他。夜・御近所でお葬式が出たので香典返しの完全精進料理(画像)

明日は送り火を終えるまで、何も食べないでいようと思います。

御家族でお墓参りを済ませて、廊下ですれ違うと笑顔で「こんにちは」とご挨拶する。

皆様満足と安心の笑みで清々しく去っていく。今年もご先祖様やペットちゃんをお迎えできたという安心感・満足感。

お盆というツールは現世とあの世とを繋げるネットワークなのかもしれないですね。

 

 

 慈愛の丘 とそ動物霊園

  代表 伊藤憲秀

                                       

 

皆様こんばんは。慈愛の丘 とそ動物霊園では今年もペットちゃんのお盆法要が(合同供養祭)が無事に終わりました。

早く新型コロナウィルスが終息しますように。

 

 

今日は我が家のにゃんこ達を紹介させていただきます。キャットタワーの下の段に寝ているグレーの大柄なにゃんこ、名前を竹千代と申します。「島津義弘公」の菩提寺の猫の名が竹千代!?」と怒られそうですが、竹千代くんは徳川家とはなんの関係もございません(笑)裏の竹林で保護したので竹千代と名付けました。ある晩ビールを飲んでゆっくりしているとミャア!ミャア!と泣き声がやまないものですから、外へ出て林にはいると手のひらにすっぽりとはいるくらいの大きさで、ミルクが飲めるかなぁと心配しましたが、ピンと耳を立てたくさん飲んでくれました。母親が通るには鬱蒼とした竹林だったので、カラスのいたずらで落ちたのかなぁと思っています。(去勢済み)

 

 

上の段に寝ているのがシロちゃん。まんまのネーミングですが。伊集院インター近くで雨の中ふらふらになって歩いているのを保護。やせて目がただれていたので動物病院に連れていき、薬をもらいました。今では大きくなって太って立派になり、最近では妙円寺のマスコットキャラクターとして飛行機の座席に写真が載り全国デビューを果たしました。出世したねぇ(笑)(避妊済み)

 

(画像↑キャットタワーの主導権を竹千代くんに握られてしまったシロちゃんの恨めしそうな顔(笑))

 

竹千代くんとシロちゃん。たまにはケンカもするみたいですが、それでも兄妹♬

御縁を大切にして、これからも仲良く暮らしてください。

(キャットタワーは以前、子供怪獣に襲撃され斜めに傾いております(笑)近日新品購入予定。)

 

 

 

慈愛の丘 とそ動物霊園

  代表 伊藤憲秀

 

 

8月に入り、お盆合同供養祭(施餓鬼法要)の時期となりました。
本年度は、新型コロナ感染予防策「三密回避」の為、当日は、ご焼香のみでお引き取りいただきますようお願い申し上げます。
当日のご出席が出来ない方は、供養祭事前(8月8日まで)に、ご来館ご記帳にてお申し込みいただけます。
また、郵送でも供養を受け付けさせていただきますので、お布施、ご供養者名(ペット)をご記入の上、8月6日までにご郵送をよろしくお願いいたします。
何かとご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

期日:令和2年8月9日(日曜日)
場所:妙円寺 唐湊出張所 唐湊霊廟 2階本堂
時間:午前10時〜、午後2時〜
お布施:3,000円以上志(1家族)

※ご来館の方は、スリッパをご持参いただけると助かります。

2019年12月にリニューアル開館した妙円寺 納骨堂「和顔堂(わげんどう)」。
本日、妙円寺納骨堂ウェブサイトの妙円寺 和顔堂のご紹介ページを公開いたしました。
ぜひ御覧ください!

妙円寺 和顔堂は、鹿児島県日置市伊集院の妙円寺に隣接した納骨堂です。
●鹿児島中央駅から車で25分
●JR伊集院駅から徒歩で6分
●伊集院ICから車で8分
という交通の便の良さや、年中無休開館、館内の空調・湿度管理という利便性から、鹿児島市内や日置市近辺はもちろん、JR鹿児島本線沿線にお住まいの方からもご利用いただいている納骨堂です。

ご予算、ご要望に合わせてさまざまなタイプの納骨壇をご用意しております。
いつでも見学・ご相談できますので、お気軽にお問い合わせください。

妙円寺納骨堂ウェブサイトの妙円寺 和顔堂のご紹介ページはこちら

平素は慈愛の丘 とそ動物霊園をご愛顧いただき、ありがとうございます。

本日は関連サイトのご紹介です。
当動物霊園と同じく法智山妙円寺が運営する納骨堂の公式サイトをリニューアルいたしました。

唐湊霊廟|鹿児島 妙円寺 納骨堂 武霊廟 |鹿児島 妙円寺 納骨堂

妙円寺では

  • 唐湊霊廟(とそれいびょう 鹿児島市唐湊 動物霊園と同じ所在地です)
  • 武霊廟(たけれいびょう 鹿児島市武)
  • 妙円寺 和顔堂(みょうえんじ わげんどう 日置市伊集院)

の3つの納骨堂を運営しており、ご家族のご供養や終活のお手伝いをさせていただいております。

どうぞ妙円寺の納骨堂公式サイトもひご覧いただければと存じます。

本年は、島津家17代当主 島津義弘公がご逝去されてから400年にあたります。
菩提寺である妙円寺では、島津義弘公の追善供養を厳修いたします。
何とぞご参拝、ご焼香賜りますようご案内申し上げます。
日時:令和元年9月15日(日) 午前10時30分より
場所:妙円寺本堂

島津義弘公 四百年大遠忌

「平成」が終わり「令和」の世が訪れました。

我々とそ動物霊園では元号が変わっても、皆様方の御気持ちに寄り添い、心のこもった供養に邁進していく所存です。

これからも慈愛の丘とそ動物霊園を宜しくお願い申し上げます。 

                     

合掌

日頃より、「慈愛の丘 とそ動物霊園」サイトをご利用いただきありがとうございます。
この度、より快適にご利用いただけるよう、ウェブサイトをリニューアルいたしました。
今後ともご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。