生きとし生けるものすべて、そして施餓鬼法要

生きとし生けるものすべて、そして施餓鬼法要

■この世に生を受けた者すべて(有情)弔われる権利があるはずです。
 ただ火葬してしまえばそれでよいのか。
 我々は、そこからが宗教法人の仕事だと考えます。
 当霊園では毎年八月に施餓鬼大法要(自由参加。雨天決行)を行います。
 また、甘露門(経)にて魚供養・牛供養・豚供養などの意味もあります。
 是非ご参加下さい。

■施餓鬼・施食法要について…。
施餓鬼法要のはじまり。

昔、お釈迦様の弟子に目連という人がいました。
目連は釈尊のの弟子の中で神通第一といわれるほど、すぐれた神通力の持ち主でした。
皮肉にもその神通力を使って見た自分の母親のあの世の姿は餓鬼道で苦しむ哀れな姿でした。

目連の母親は生前、大変欲深く、人を裏切り、徳のない人生を送りました。
その報いが餓鬼道での苦しみでした。
困った目連は、釈尊に相談します。
釈尊は「お前の母親は一人を救うことはできぬ。今は亡き人々、動物たち、草花すべてのもの(有情)供養してこそ初めて餓鬼道の苦しみから救われることだろう」と言うので、早速、目連は大法要を厳修しました。
そして得意の神通力で様子を見ると、母親は餓鬼道から救われていました。

これが施餓鬼抱法要のルーツです。
お盆には殺生を行なわずと、肉食はしないという風習も薄れてしまいましたが、一年に一度くらいはそのような考えに耽ってみるのもいいかもしれませんね。

人への愛・動物への愛・自然への愛

~養ひ飼ふものには、馬・牛。繋ぎ苦しむるこそいたましけれど、なくてかなはぬものなれば、いかがはせん。
犬は、守り防ぐつとめ、人にもまさりたれば、必ずあるべし。
されど、家ごとにあるものなれば、殊更に求め飼はずともありなん。

その外の鳥・獣、すべて用なきものなり。
走る獣は檻にこめ、鎖をささえ、飛ぶ鳥はつばさを切り、籠に入れられて雲を恋ひ、野山を思ふ愁、止む時なし。その思ひ、我が身にあたりて忍びがたくは、心あらん人、是を楽しまんや。
生を苦しめて目を喜ばしむるは、桀・紂が心なり。王子猷が鳥を愛せし、林に楽しぶをみて、逍遙の友としき。捕へ苦しめたるにあらず。

凡そ、「めづらしき禽、あやしき獣、国に育はず」とこそ、文にも侍るなれ~
【吉田兼好 徒然草】 より
  ~生きとし生けるものすべてへの施し~