最愛のペットが最期の時を迎えたら…

最愛のペットが最期の時を迎えたら…

ドッグ・フードやキャットフードの普及、また動物病院の増加などにより、愛玩動物は確実に長寿化していますが、それでも人間の数分の一程度の短い一生です。

しかし、短いと言っても、80歳まで生きた人の愛犬が20年生きたとしますと、実に一生の4分の1もの時間を一緒に過ごすわけですから、いろんな思い出もたくさんできるでしょうし、人間同様老いていくのを見るのも、体調を崩して苦しむのを見るのも実につらいものです。その存在の大きさは、まさに家族そのものといえるでしょう。

〜生と言うとき、生の他にものは無し。滅と言うとき、滅の他にものは無し 道元禅師〜

そんな悲しい日は来ないほうがいい、誰だってそう思う家族との別れです。
動物も人間同様歳を取ります。いつまでも一緒にいたい、でもそうもいかないのが現実です。

「よく頑張ったね、今までありがとう」
そう伝えてあげてください。

一緒に散歩したり、遊んだり、寂しいときの自分、まだ若い半人前の時、いつも傍にいて見守ってくれた彼等(ペット)とのお別れの時が来たのです。

※当サイトの文章・絵などの無断転載・複製はいかなる場合も禁止いたします。